PS Vitaの周辺機器

PS Vitaの周辺機器に関して紹介します。

本体購入時にはたいていの物は同梱されているため、基本的にそのままでも楽しめますが、確実に手に入れてほしい物が1点あります。

それは「メモリーカード」です。

メモリーカードは別売りで、さまざまなデータなどを保存したい時などに必要になります。ゲームによっては、メモリーカードにセーブする必要のあるものもあります。

余裕がありましたら、発売日に手に入れるため、予約をしておきましょう。

その他の周辺機器に関しては、お好みで選びましょう。

多くの周辺機器は本体と同時発売です。

PS Vitaのメモリーカード

PS Vitaのメモリーカードに関しては別ページ『PS Vitaのメモリーカード』をご覧ください。

カードケース

PS Vita用のカードケース。ゲームソフトのカード8枚とメモリーカード2枚が収納できます。

価格は600円。

ACアダプター

充電するためのACアダプター。本体に同梱されているため、購入する必要はありません。本体同梱の物が壊れた時に買い買えましょう。

価格は1800円。

USBケーブル

PS3やPCなどに接続する時に用いるUSBケーブル。PS Vitaに接続する形が独特の物のため、他のUSBケーブルは使用できないようです。

本体に同梱されているため、無くしたりケーブルの接続に問題が出た時などの買い替え用として。

価格は1300円。

ポータブルチャージャー

PS Vitaをフル充電可能な携帯用の充電器です。外出時の予備電源として活用できます。発売時期は2012年春、価格は発表時点では未定。

長時間、外出先でPS Vitaを用いるような人は、購入すると良いでしょう。

カーアダプター

車の中で充電できる機器です。2012年春に発売、価格は発表時点では未定。

クレードル

いまいちよくわからない周辺機器。便利そうではあります。価格は2800円。

本体を置くだけで充電が出来たり、パソコンとのデータのやり取りが出来るという便利グッズ。

以下、オフィシャルサイトの説明です。

『ACアダプターとUSBケーブルをクレードルに接続して、PlayStation Vitaを充電することができます。

また、USBケーブルをPS3やPCと接続することで、データ転送を行うことができます。

その他、動画や音楽をお楽しみいただく際にスタンドとして利用したり、LINE OUT端子を経由して接続した外部スピーカーにて、より迫力のあるサウンドを楽しんでいただくことも可能です。』

インナーイヤーヘッドセット

イヤホンです。市販されているイヤホンも利用できるため、無理に買う必要はありません。

PS Vita向けに最適なチューニングをしている、という説明があります。この辺りに興味があれば、試してみても良いと思います。ボイスチャットやSkyeでの通話もできるそうです。

価格は2800円。

保護フィルム

スクリーンに貼りつける事の出来る保護フィルムです。ニンテンドーDSで使っていた人も多いと思います。画面に手を触れるゲーム機ですので、画面を守りたいのでしたら本体購入と同時に買って貼りつけるとよいでしょう。

価格は800円。

各種収納グッズ

似たような商品もあるため、その違いに注意を。特にポーチは3種類あるため、買う時は用途をあらかじめ考えておき、最適なものを買いましょう。

簡単に説明すると、ポーチは気軽に日常使う保護用として、トラベルポーチはいろいろと持ち運ぶ時用としての違いがあります。キャリングポーチはトラベルポーチからACアダプターの収納を無くしたものとイメージすると良いでしょう。 

ケース

PS Vitaの専用ケース。装着した状態でも各種操作が可能。スタンドとしても利用できるようです。本体保護として活用してはどうでしょうか。

価格は1800円。

ポーチ

PS Vitaをしまう時に入れておくと保護されて衝撃などでも壊れにくくなります。

価格は1500円。

トラベルポーチ

旅先などに持っていく時に便利なポーチです。本体だけなく、ゲームソフト用カードやメモリーカード、ヘッドセット、ACアダプターも収納できます。

専用クロスとストラップが付属。クロスは画面を拭く布のようなものです。

価格は2300円。

キャリングポーチ

本体の他、ゲームソフト用カード、ヘッドセットを収納可能です。トラベルポーチの小型版といったところでしょうか。

価格は1800円。 

このページの上へ