PS Vitaのメモリーカード

PS Vitaのメモリーカードは、独自の規格を採用しているため、通常の市販されているメモリーカードは使用できません。

別途、ソニーコンピュータエンタテインメントが発売するメモリーカードを購入する必要があります。

詳細発表時点では、下記の容量のメモリーカードが発売されることが決定しています。型番と価格と共に紹介します。

  • 4GB:PCH-Z041 J:2200円
  • 8GB:PCH-Z081 J:3200円
  • 16GB:PCH-Z0161 J:5500円
  • 32GB:PCH-Z0321 J:9500円

メモリーカードを購入すべきかどうか、どの容量を買うべきか

PS Vitaでは、ゲームソフトの方にセーブデータを記録する方法と、メモリーカードに保存する2通りのパターンがあります。これはソフトによって異なります。

また、写真を撮影したり映像を保存したり、もしくはダウンロードしたゲームソフトを楽しむ場合などは、メモリーカードが必須となります。

容量はどれくらいが良いのか、についてですが、写真や動画などを多く利用する場合は、やはり容量の大きいものが必要になるでしょう。

逆にゲームソフトのセーブデータを保存する程度でしたら4GBでもかまいません。

ただ、今後はダウンロード販売や、ゲームの新規データ追加などが盛んになることを考えると、余裕があるのであれば少しでも大きい容量のものを買っておいた方が良いかもしれません。長くPS Vitaを使おうと考えているのでしたら、32GBを中心に検討しましょう。 

このページの上へ