PS Vitaのデータ通信

PS Vitaは2つの方法でデータ通信が可能です。

1つはWi-Fiを用いた通信。このWi-Fiは、今や自宅での無線通信などでも活用されていますし、有料であることは多いのですが、別途サービスを申し込むことで、外出先の特定の場所で通信を行うことができます。

一方、もう一つの手段として「3G」があります。これは、第3世代移動通信システムという名称の略称です。細かい内容を知る必要はなく、単に通信手段の一つとして捉えていただけたらと思います。

この「3G」は「3G/Wi-Fiモデル」の方でしか利用できません。一方「Wi-Fi」は「3G/Wi-Fiモデル」「Wi-Fiモデル」共に利用可能です。

3Gに関しては、利用料金がかかります。その概要は次の通りです。

PS Vita 3Gの使い方

3Gは、本来は店頭での契約などをして利用する形式ですが、PS Vitaの場合は店頭での契約等は不要で、PS Vitaを購入し、そしてPS Vitaで手続きを行うことで申し込みが完了し、利用できるようになります。

その際には、使用料金プランを選ぶ必要があります。料金プランは、それぞれの利用状況によってお得なプランが異なります。

以下、利用料金プランに関してです。

PS Vita 3Gの料金プラン

PS Vitaの料金プランは「プリペイドデータプラン20h」「プリペイドデータプラン100h」の2種類あります。

プリペイドデータプラン20h

利用料金は980円。20時間分の通信が可能です。通信速度は受信時最大128Kbps、送信時最大64Kbps。また、利用開始から30日経過すると、たとえ通信時間が20時間を越えなくても、未使用分も利用不可になります。

プリペイドデータプラン100h

利用料金は4980円。103時間分の通信が可能です。通信速度は100時間は受信時最大128Kbps、送信時最大64Kbpsと、20hの時と同じ速度です。しかし3時間分は受信時最大14Mbps、送信時最大5.7Mbpsと、大幅に早い送受信が出来ます。いまいち単位が分からない人は、早い通信速度が3時間分おまけで付いてくる程度の間隔で捉えるとよいでしょう。

利用開始から180日間経過すると、たとえ通信時間が103時間を越えなくても、未使用分も使用不可になります。

更新手数料

上記の使用期間経過後、2週間以内に再契約をせず、後日再び利用をしようとすると、別途2100円の契約更新手数料がかかります。

20hプランでしたら30日経過後、14日以内に再契約しないと、次回利用時に2100円かかります。

100hプランでしたら180日経過後、14日以内に再契約しないと、次回利用時に2100円かかります。

料金支払い方法

料金の支払いは、クレジットカードか、もしくはドコモケータイ払いのどちらかとなります。

このページの上へ